NativeLand 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマリソウ。

今日(昨日)はURiTAライブでした。

いや~楽しかった。


ウリタさんはいつも歌声やらアコギやらに、
サンプラーとエフェクターを駆使して、
見た目的にも音的にも独特な世界を創る。
バリバリかっこいい。

この世界観はほんとずば抜けてすごいと思う。
そして、
それがウリタさんの大きな特長の一つ。


と。

思いよったんよ。
今日の今日まで。



でも今回はアコギとボーカルマイク1本のみ。

やけんどんな風になるんやろーって思いよったん。



いやいやいや。


全く関係ないね。


ウリタさんは何処で何をやってもウリタさんやった。




デジタル的な物がどんどん発達して。

それを使う人達が増えて。


でも機械の世界だけが先行してなにも伝わってこんやったり。

その音に飲まれて伝えたい事もわからんやったり。

日本語なのに何を言っているのかすら聞き取れんやったり。



確かにそれで簡単に世界を創る事が出来る。
そうすればなんだかカッコヨクなった気がするのもわかる。


でもやっぱり人が使う以上、
それは「人ありき」なんやないかって思う。

その人がそのままの生身の自分だけでしっかりした世界があって。

それで初めてその空間を揺り動かして伝える事が出来るんやないかって思う。


エンピツは芯がないと書けないよ。



別に誰かを批判しとるわけでも、

そういう音楽を否定しとるわけでもないっちゃけどね。

機械的な音楽もインストなら全然嫌いやないしね。



ただ、せっかく歌物なんやったら。

歌詞を音に乗せて歌っとるんやったら。

僕はその温度を受け取りたいって思う。



そしてそれが出来るのは機械を使う人間から出てくる、

しっかりしたクオリティを持った音だけなんやて思う。



今日横で叩きながらウリタさんを見よって、
なんかそう思った。



僕はというと、
今日初めてライブでパンデイロにゲートリバーブをかませてみたんよ。

今まで全然エフェクター興味なかったし、
パンデイロも生音が一番好きやったし。

やけど、今日使ってみて思ったね。


むっちゃくちゃおもろい!!!


もちろんやっぱ生音が一番好きやけど。

でもそういうんじゃないで、
単純に選択肢としてありやなと思った。


ただ、
今の段階やったら、
まだまだ機械の中に埋もれて上辺だけの、
カッコだけのプレイなんやろうね。

さっきの話みたいに、
機械に飲みこまれた一人なんやろうね。


やけんもっともっと自分の「芯」ってもんを鍛えて、
かなりがっつり機械的な音からも、
しっかりと温度を伝えていけるようにしたい。

そう思った。



やっぱり結局最後は人なんやね。


そう思った。






しかしこのエフェクターってやつも中々の魔物やね。

わたしハマリソウ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nativeland.blog12.fc2.com/tb.php/88-0fb87ed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。