NativeLand 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人のシアワセは金になる。

先週の土曜日結婚式に行ってきた。


知らない人の(>_<)!!!


なんじゃいそりゃ?!
っておれも思ったとよ。
ほんと。


ある日友人から電話があった。
「山田くん結婚式行かない?」って。

「??」
ってなるやん?!

んでよく聞いたら、
「実はアルバイトで。」って。
「あー、なるほど、バイトね!その日なんもないけんいーばい。行く行く。」

なーんてかるーく言ってみてからゆっくりと言葉を噛み砕く。

ふむ。
ふむふむ。
むむむっっっ???!!!

なんだーそのバイトは?!
おらの田舎じゃそんたらバイト聞いた事ねえべやー(>_<)!


なんでも、友達の会社の取引先の人が“なんでも屋さん”もしよるらしく、
そこに「新郎が29才なので、そのくらいの男性を4名用意して欲しい。」って依頼があったって。
結婚式代理出席。
なんでか理由はよくわからんっちゃけどね。

で内容聞いたら、
昼からメシ食って酒飲んで1万4000円って!
おーいしー!
そりゃー喜んで行きますわい。
ウハウハやん♪

っつーことで行ってきたばい。



そして式場行ってびっくらこいた。

なんとおれの隣は新郎の叔父さんげな!
いやいや新郎さん席順考えてよー(^^;)

ちゅうかおれらの横の6名新郎の家族って!
あんたーアホやろ(>_<)!

当然家族は、まさかおれらがそこの倅と初対面なんて知っとるわけなく。
そんな短時間で完璧な対策を練れるわけもなく。


考えに考えたぼくは、先手を打ったよ。
隣の叔父様に。
相手のペースで話しが進んだら対処できんと思ってね。

おれ「この度はどーもおめでとうございますm(__)mいつも○○さんにはお世話になってほんと頭もあがりません。ささ、まずはビールなんぞどーぞ!」

うーん、完璧な先制パンチ。
これで和気あいあいと乾杯して、軽い会話をして、
後はこっちで盛り上がっとけば、
一見紳士で大人しそうなこの人ならそうそう絡んでこんやろってね。

そしたら叔父予想外にナイスなカウンター。

叔父「いやー、ぼくはお酒飲めんとですよー。はっはっは。若い君達がじゃんじゃん飲みなさい。ぼくが払うんじゃないしねー。さぁさぁ。」

肩透かしをくらっただけやないで、
なんとこのおやじ、酌のペースが半端やなかった。

最初に言っとくけどおれは酒が弱いっちゃんね。

そんなおれに5分おきくらいにビールをすすめてくる。
どうみても減ってないのに。
「ほら、注ぐから飲みなさい。」(グラスあけろってこと。)
ってね。
有無を言わさず。
昭和の頑固親父ばりに。

こっちがどんなに盛り上がっとっても。
横から突然。
不意に。
空気が読めない芸人ばりに。


だんだんと酔いがまわる。
しかしうっかりした事を口走れんおれは、
機能が落ちた脳をフル稼働させる。

地獄の3時間。
普段ほとんどストレスを感じる事がないおれはクタクタ。


あぁ、世間の営業を頑張るリーマンさん達はいつもこんなストレスの中で生きているのね。

尊敬するわ。。。


新郎のしめの言葉がこんなに待ち遠しく、ありがたいと思う結婚式は初めてやった。


ばりくたびれたー。
そして完全に飲みすぎたおれは、
帰り車で送ってもらいながらも産気付いたかのように吐き気の波にのまれた。

そして泥のように眠った。

手には金を握り締め。。。


他人のシアワセは金になる。
しかしおいしいだけの話はそうはない。

おれの人生には。



ちなみに、
他の3人にとってはおいしいだけの話しやったみたい。



スポンサーサイト

コメント

何そのバイト!?

なんか楽しそうやん。

しかし、
「なんでも屋さん」って・・・。

ちみの友達もなかなか
アングラなお仕事しよるね(笑)

  • 2005/12/07(水) 18:59:35 |
  • URL |
  • 西村 #-
  • [ 編集 ]

くたびれたけど、またあったらまた喜んで行くね!
冷静に考えたらやっぱりかなりおいしい!

ってかおれの友達はちゃんとした仕事しよって、
その取引先かなんかの人が副業でしよるらしい!
そして、そんな若者がなかなか集まらんやったらしく、話しがきたと♪

  • 2005/12/08(木) 01:48:40 |
  • URL |
  • まーと #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nativeland.blog12.fc2.com/tb.php/37-1d948ce9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。